もっと牡蠣を身近に。

岩牡蠣と真牡蠣の違いとは?

まずは単純に見た目(形・大きさ)や味が違います。

なぜ見た目や味が違うかというと、牡蠣が棲んでいる場所や環境によって大きく変わります。
牡蠣は本来は潮間帯(満潮時は海水に浸され、干潮時は空気にさらされる場所)に棲んでいて、
干潮時に乾燥に耐えなければならない為、体に水分を蓄えています。
岩牡蠣は深場に棲んでおり、餌となるプランクトンも豊富なので身が大きく、痩せることはありません。
殻がごつくて大きいのも敵の多い水域に棲んでいる為、身を守るのに殻が厚く大きくなっているのです。
岩牡蠣は7月から11月までじっくり産卵するので栄養がたっぷり詰まった夏場が一番の食べ頃なのです。
また、天然岩牡蠣の収穫は素潜りで海底深く潜る重労働です。ベテランの海女さんでないと採れないそうです。
なので天然岩牡蠣は真牡蠣に比べ、希少価値で高級な食材なのです。

真牡蠣Oyster

真牡蠣の食べごろ

牡蠣と言えば、日本では”まかき”と”いわかき”が食べられている。餌は、植物性プランクトン。昼夜休みなく一日中餌を食べている。牡蠣は、交代的雌雄同体で、今年は雄でも来年は雌に変わりその逆もある。真牡蠣は一度に放卵するので、放卵後は痩せ細ってしまう。放卵期前が食べ頃。栄養をたっぷり蓄え、身入りもよく、とても濃厚な味となる。秋冬が旬な産地が多い。

[学名]
Crassostrea gigas
[英名]
Oyster
[和名]
まかき
[分類]
イタボガキ科
[時期]
一年中(産地によって異なる)
[漁法]
ほとんど養殖
[生息地]
潮間帯
[形]
周囲の環境によって細長くなったり、 丸くなったり殻の形が変わる。

岩牡蠣Rock oyster

岩牡蠣の食べごろ

岩牡蠣の生息地は、餌のプランクトンも豊富なので、身も大きく、殻もごつごつして大きくなる。 岩牡蠣の放卵は、真牡蠣と違い、夏から秋口まで数回に分けてじっくり放卵し、その間栄養分を維持するので放卵しても痩せ細ることなく、栄養がたっぷり詰まった夏場が一番食べ頃。 伏流水が湧き出る海域では、ミネラルたっぷりの美味しい岩牡蠣ができる。

[英名]
Rock oyster
[和名]
いわかき
[通称]
夏かき
[分類]
イタボガキ科
[時期]
春から夏
[漁法]
天然と養殖
[生息地]
水深5mから10m
[形]
ごつごつして、岩の様に大きく固い。

旬の牡蠣 日本全国一年中

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

北海道

サロマ湖

真かき

10月上 〜12月下

根室

真かき

5月上 〜12月下

厚岸

真かき

5月上 〜12月下

仙鳳趾

真かき

5月上 〜1月下

岩手

三陸山田

真かき

6月上 〜12月下

大槌

真かき

6月上 〜10月下

釜石

真かき

9月中〜12月下

越喜来

真かき

9月上 〜12月下

山形

宮城

奥松島

真かき

1月〜7月・10月〜12月

茨城

鹿島

真かき

6月中 〜8月下

三重

浦村

真かき

12月上 〜3月下

的矢

真かき

,

岩かき

11月上 〜3月下

五ヶ所湾船越

真かき

1月上〜3月下 

白石湖

真かき

1月上〜3月下

紀伊長島名倉

岩かき

3月中〜8月下

桃取

真かき

12月上 〜4月下

兵庫

室津

真かき

11月中 〜4月下

福浦

真かき

12月上〜4月下

相生

真かき

12月上 〜4月下

坂越

真かき

12月上〜4月下

石川

輪島

岩かき

6月上 〜8月中

京都

丹後

岩かき

6月上 〜8月下

愛媛

御荘湾

岩かき

4月上〜7月下

蒋渕

岩かき

4月上〜6月下

島根

春香

岩かき

3月上 〜5月下

鳥取

夏輝

岩かき

5月上 〜8月下

広島

大黒神島

真かき

11月上 〜3月下

袋ノ内

真かき

11月上 〜3月下

福岡

門司恒見

真かき

1月上 〜5月下

蓑島

真かき

12月上 〜4月下

長崎

五島列島

真かき

11月上 〜6月上

宮崎

日向灘

岩かき

4月中 〜7月下

大分

守江

真かき

12月下 〜4月下

蒲江

岩かき

6月上 〜9月下

新潟県

美味しく!健康に!牡蠣生活

亜鉛がタップリ

牡蠣は生体の機能維持に必要なミネラル群をまんべんなく含んでいますが、近年医学界でも注目されている「亜鉛」を特異的に多く含んでいるのも大きな特徴です。最近、味の区別がつかなくなる『味覚障害』が増えています。近年では24万人の人々が味覚障害と言われています。ひとえに味覚障害といっても味の感じ方が鈍くなる『味覚減退』、口の中に苦味や渋みを感じる『自発性異常味覚』など様々な症状があります。これらは偏った食生活などによる亜鉛不足が一番の原因です。食べ物の味は、舌の表面の器官にある味細胞が判断します。皮膚と同じように約1ヶ月で生まれ変わります。そしてこの味細胞の再生に欠かせないのが亜鉛なのです。亜鉛が不足することで新陳代謝が妨げられ味細胞が古くなって本来の味を感じられなくなるのです。1日の目標成人亜鉛摂取量は13mg。牡蠣約5個100gで13mgの亜鉛が摂取出来ます。

グリコーゲンは活力源

牡蠣の特徴的な栄養素の一つにブドウ糖が連なったグリコーゲンという多糖体があります。グリコーゲンはからだの中では筋肉や肝臓に蓄積されていて、疲労回復に必要不可欠な成分です。必要に応じてブドウ糖に分解されエネルギー源として活用されます。ところが体力が衰えたときや病気の際には往々にして肝臓のグリコーゲンの蓄積がカラッポになっています。エネルギーが不足しては治せる病気も治せません。このようなとき病院では「ブドウ糖の点滴」を行います。その効果は点滴をしたことのある人はよくご存じのはずです。メキメキと元気になっていくのが分かります。

天然タウリンが豊富

合成されたタウリンは心臓病、肝臓病に効く医薬品としても認可されていますが、牡蠣に含まれるタウリンは当然天然のものです。タウリンは軟体動物の筋肉中に多く含まれるアミノ酸で、牡蠣には特に多く含まれています。タウリンは産婦の初乳には特に多く含まれていて、赤ちゃんにとっては必須の栄養素です。脳細胞の発育や免疫にも関わっているようで粉ミルクには天然のタウリンが加えられています

胃がんの原因も撃退

牡蠣にはグリコーゲンを始め、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの肝臓を元気にするために必要な成分がいっぱい含まれています。牡蠣に多く含まれているタウリンは胃がんの原因になるピロリ菌が出す有害毒素を除去する働きがあります。

貧血には著効

女性に多い貧血のほとんどは「鉄欠乏性貧血」ということで、鉄分の多いものの補給が進められています。病院では鉄剤が処方されたりしますが、これは胃を壊す効果はハッキリとあるものの、貧血を改善する効果はサッパリです。貧血にはレバー(肝臓)などとともにズバリ牡蠣がおすすめです。赤血球を作るためには鉄だけでなく、銅や亜鉛などの他のミネラルや、ビタミンB群を始めとした多くのビタミンの協力が必要だからです。

二日酔い・悪酔いしない

古書によると「牡蠣は酒毒を消す」とされています。これは牡蠣に含まれているタウリンをお酒の前などに飲むとよくわかります。肝臓でのアルコールの解毒力が高まるためでしょうか、二日酔い・悪酔いがまったくありません。とくに「お酒が翌日に残りやすくなった」という人には、牡蠣の効用をてきめんに感じられるはずです。健康な人であれば、お酒がいつもより進んで、たくさん飲めるはずです。

肩こり・腰痛にも効く

肩こり・腰痛と一口で言ってもその原因は様々です。しかしどれも血液の流れが悪くなっているという点では共通しています。実は牡蠣の成分の中には血液をサラサラにする物質が含まれていて、これが血液の流れを良くして健康の増進に役立っています。こうした物質は牡蠣中に多く含まれます。肩こりが解消したり、長年の腰痛が治ったり、ギックリ腰などに効果を発揮するのも、血流がよくなることと深く関係しているものと思われます。

牡蠣は美肌を作る

牡蠣には肌をきめ細かにする効能があります。肌の状態は健康のバロメーターともいえるもので、健康レベルが低下するとその影響は必ず皮膚に現れます。亜鉛はあらゆる細胞の再生に効果的で、牡蠣をたくさん食べた翌日は女性の場合、肌の色つやがよく、皮脂分泌もよくなって化粧ののりがよくなっているのがわかります。皮膚が薄いアトピー肌、乾燥肌のタイプにはよく合うのではないかと思います。牡蠣で肝臓が元気になると、シミが薄くなったり、シミが消えたり、色が白くなったりといった美容効果も出てきます。

牡蠣は女性とよく合う

牡蠣は女性のからだのトラブルの改善にとても役立ちます。女性の場合、生理の出血によって鉄をはじめとしたいろいろなミネラルが失われやすく、そうした栄養素を補助することが健康増進に寄与しているものと思われます。血圧、貧血、冷え性、便秘、おりもの、生理不順、基礎代謝の低下、肥満、不妊、神経痛、リウマチ、うつ、ノイローゼ、自律神経失調、更年期障害など女性に多くみられる
からだのトラブルの軽減にこうした食品を役立ててみてはいかがでしょうか。

なるほど!!牡蠣コラム

お日さま☀ありがとう~牡蠣と太陽の関係♥

生牡蠣は、産地から仕入れる際、牡蠣殻の大きさ別に販売されているのが主流です。各産地、各養殖所の基準は様々ですが、サイズは、SS・S・M・L・LLの単位。夏の牡蠣(岩牡蠣)では、スニーカーくらいの大きさの巨大サイズもあります。牡蠣のサイズ分けは、生産者と「剥き子さん(牡蠣を洗浄したり、剥いたりする方)」。 重さで分ける産地もありますが、産地によっては、かまぼこの板の様な木板に各サイズの大きさの黒枠が書いてあり、生産者と剥き子さんが一つ一つ手作業で大きさを分別しています。

どうやって決めるの?牡蠣の採寸方法

生牡蠣は、産地から仕入れる際、牡蠣殻の大きさ別に販売されているのが主流です。各産地、各養殖所の基準は様々ですが、サイズは、SS・S・M・L・LLの単位。夏の牡蠣(岩牡蠣)では、スニーカーくらいの大きさの巨大サイズもあります。牡蠣のサイズ分けは、生産者と「剥き子さん(牡蠣を洗浄したり、剥いたりする方)」。重さで分ける産地もありますが、産地によっては、かまぼこの板の様な木板に各サイズの大きさの黒枠が書いてあり、生産者と剥き子さんが一つ一つ手作業で大きさを分別しています。

知らなかった!?牡蠣って、こんなにいいことあるんだ!!牡蠣が食べたくなる理由

牡蠣を食べる人は病気が少ない

カキ(牡蠣)は栄養素の宝庫です。必須アミノ酸8種をそなえる良質のタンパク質、豊富なビタミン群とミネラル分など、バランスよく含まれています。『海は母なり』とよくいわれますが、その海の有効成分を丸ごと凝縮して身肉に抱えこんだカキは、母乳のごとき栄養価値をそなえた食品といってよいでしょう。東洋医学では、カキの薬効はすでに2000年以上も前から注目し、さまざまな疾患の治療薬として使われてきました。また、昔から、カキの強壮作用や婦人病への有効性などについて、口コミでも広く知れわたっていたようです。 一方、食物の効用を軽視しがちな西洋医学の見地でも、カキの効能は戦前から認められていました。ストレプトマイシン (抗生物質の一つ)が開発されるまで、結核の特効薬としてカキが利用されていたことは、ご存じの方も多いでしょう。そのほか、貧血や夜尿症、肝臓病の治療食にも用いられてきました。カキが世界中で愛食され続けてきた理由のひとつは、もちろんカキの「おいしさ」にあります。それに加えて「体に良い食品」でもあるということを、個々人が自分の体で実感してきた側面も大きく影響しているでしょう。 たとえば、カキを好んで食べたとされるシーザーやビスマルクなど英雄たちの、カキ食に対する執着ぶりがそれを物語っています。カキを一度に百個以上食べたとか、カキを手に入れるために戦争を仕掛けたとか、たかが「おいしい」だけの食べ物なら、これほど熱を上げるはずがありません。そこには「おいしさ」以上のプラスαがあったわけです。

牡蠣の危険と安全

よく「牡蠣はあたる」と言われます。この「あたる」とはどういう理由で起こるかご存知でしょうか?牡蠣は二枚貝(あさり、はまぐり等)です。この二枚貝には海水を浄化する働きがあります。海水中からプランクトンなどの栄養分を取り入れ、体内で濾過した海水を排出します。中でも牡蠣の浄化能力は二枚貝の中でも特に高く、牡蠣1個あたり最大1日約100リットルの海水を浄化します。この時にブランクトンと一緒に生活排水などの人体に有害なものを取り込み、それが体内に蓄積された状態の牡蠣を食べるといわゆる「あたる」と言われる症状が起こります。当店ではお客様に安心して牡蠣を召し上がって頂けるように、自社で「日本かきセンター」という牡蠣の浄化殺菌施設を設立いたしました。そこでは、今まで一度もノロウィルスが検出された事の無い瀬戸内海の袋ノ内湾の海水を大きな水槽に汲み上げ、濾過・殺菌して、無菌の状態の海水を作り、そこに牡蠣を入れ48時間以上呼吸させます。無菌状態の海水で呼吸する事で牡蠣の体内に残っていた有害なものは全て吐き出されます。この海水は水槽内を循環しており、常に綺麗な海水を保たせています。牡蠣を一年中おいしく安心して召し上がって頂くために、当店は毎日新鮮な牡蠣を仕入れ、お店に到着してからも徹底した温度管理を行っています。

味覚障害の改善

牡蠣は生体の機能維持に必要なミネラル群をまんべんなく含んでいますが、近年医学界でも注目されている「亜鉛」を特異的に多く含んでいるのも大きな特徴です。最近、味の区別がつかなくなる『味覚障害』が増えています。近年では24万人の人々が味覚障害と言われています。ひとえに味覚障害といっても味の感じ方が鈍くなる『味覚減退』、口の中に苦味や渋みを感じる『自発性異常味覚』など様々な症状があります。これらは偏った食生活などによる亜鉛不足が一番の原因です。食べ物の味は、舌の表面の器官にある味細胞が判断します。皮膚と同じように約1ヶ月で生まれ変わります。そしてこの味細胞の再生に欠かせないのが亜鉛なのです。亜鉛が不足することで新陳代謝が妨げられ味細胞が古くなって本来の味を感じられなくなるのです。1日の目標成人亜鉛摂取量は13mg。牡蠣約5個100gで13mgの亜鉛が摂取出来ます。

肩こり・腰痛にも効く

肩こり・腰痛と一口で言ってもその原因は様々です。しかしどれも血液の流れが悪くなっているという点では共通しています。実は牡蠣の成分の中には血液をサラサラにする物質が含まれていて、これが血液の流れを良くして健康の増進に役立っています。こうした物質は牡蠣中に多く含まれます。肩こりが解消したり、長年の腰痛が治ったり、ギックリ腰などに効果を発揮するのも、血流がよくなることと深く関係しているものと思われます。

二日酔い・悪酔いしない

古書によると「牡蠣は酒毒を消す」とされています。これは牡蠣に含まれているタウリンをお酒の前などに飲むとよくわかります。肝臓でのアルコールの解毒力が高まるためでしょうか、二日酔い・悪酔いがまったくありません。とくに「お酒が翌日に残りやすくなった」という人には、牡蠣の効用をてきめんに感じられるはずです。健康な人であれば、お酒がいつもより進んで、たくさん飲めるはずです。

牡蠣をより美味しく召し上がって頂くために

生牡蠣は生ものの為、テーブル上に長時間放置した状態ですと
空気中のウイルスや細菌等と反応し、鮮度、味、衛生状態が悪くなりますので、
お早めにお召し上がりください。

皆さんの大好きな牡蠣をたくさん食べるときに一番気にされているであろう「カキにあたる」とはどういうことかについてを理解して頂き、思う存分牡蠣を堪能して頂きたく思います。一般的に「カキにあたる」とは、牡蠣を食べた後に、気持ち悪くなったり、嘔吐や下痢、発熱などの症状がでることを言います。では、なぜそのような症状が出てしまうのでしょうか?

アレルギー反応

牡蠣は一日に約200リットルの海水を吸い込み吐き出しを繰り返しながら、その成分を吸収し育ちます。そのため、育った海域が含有するあらゆる成分を体内に持つことになります。牡蠣は他の食材に比べ、その栄養分も含めた多種多様にわたる成分が含まれているため、当然アレルギー反応がでる確率も高くなってしまいます。牡蠣は他の二枚貝よりも、より多くの海水を吸収し、より多くの成分を蓄える性質があるため、他の貝よりも豊富な成分を含有すると言われております。

病原菌やウィルスなど

牡蠣はプランクトンをエサにしております。その中の特定の種類のプランクトンが持つ毒素を、エサとともに吸収してしまうことがあります。この貝毒は加熱しても死滅しないと言われております。生産者をはじめ、当店の牡蠣は厳正な検査を行い、貝毒が規定以上発見されるとすぐに出荷停止となるため、当店で扱っている牡蠣は安心といえます。また、他の貝類に比べ、牡蠣は毒を蓄えている期間が短いとされております。

●腸炎ビブリオ、大腸菌・・・

これは海水に含まれております。加熱することで死滅することが確認されております。これは、出荷前にキレイな海水に48時間牡蠣を入れ、殺菌消毒することでほぼすべてカキの体内から排出することができるので安心です。

●ウィルス・・・

有名なものはノロウィルス。これも現時点では加熱することで死滅することが確認されております。生産者をはじめ、保健所が規定以上のノロウィルスが発見されると出荷停止となるため、安心してください。排泄されていてもウィルスは生存しているので、下水が流れ込む場所で育ったカキには、ウィルスが多く含まれてしまうことがあります。また、ウィルスは完全に駆除することが難しく、人間に害を及ぼさないとされている程度、カキの体内に残っていることがあります。人によって、もしくは体質、体調などによって、この量でも症状がでてしまうことがあるので、一概に安心とはいえないのが現状です。個人差のあることですが、厳しい検査を経て当店に届けられた牡蠣は、大抵の人は症状がでないのですが、当然といえば当然の帰結なのですが、症状がでてしまったケースのほうがフォーカスされてしまうため、あたることのほうが多いように思われてしまっております。当店は安心して安全に牡蠣を楽しんで頂く事をお約束します。しかしながら万が一何らかの症状が出て体調が崩される様な時は当店までご一報くださいますようお願い申し上げます。

症状が引き起こるケース

・生牡蠣のみを多く食べ過ぎると、体温が下がってアレルギー反応を起こす場合がある・ 発熱がある場合や体調が優れない時・ アルコールを飲まない方・ 一度症状が出たことがある方(反復症状の確率が高いため)

旬の牡蠣 ー牡蠣の一年表ー

牡蠣の一年表

牡蠣知識Q&A{牡蠣の色々をクイズ形式でお楽しみ下さい。}

牡蠣100gを食べれば一日に必要なタンパク質の3分の2とカルシウムの『○分の○』を補うことが出来るでしょうか?

  • a  3分の2
  • b  4分の1
  • c  3分の1

牡蠣はもっとも亜鉛の含有量が多いのですが他の貝類に比べて約何倍ある?

  • a  3倍
  • b  10倍
  • c  20倍

牡蠣は体内で何の生成を促進する?

  • a  脂肪分解酵素
  • b  アルコール分解酵素
  • c  乳酸分解酵素

牡蠣の殻に一番多く含まれる成分は何?

  • a  鉄分
  • b  石灰
  • c  カルシウム

牡蠣は何を食べて育つ?

  • a  海藻やコケなど
  • b  水中のプランクトン
  • c  小さな魚など

牡蠣の生食用、加熱用の違いは?

  • a  鮮度の違い
  • b  大きさの違い
  • c  保健所の指定海域の違い

日本における養殖の牡蠣の3大 産地はどこ?

  • a  宮城/三重/広島
  • b  北海道/宮城/広島
  • c  北海道/宮城/三重

北海道では現在もアイヌ語の地名が数多く使われています。では『厚岸』のアイヌ語での意味は?

  • a  魚介類が採れる場所
  • b  牡蠣が採れる場所
  • c  水の綺麗な場所

牡蠣の養殖で有名な三重県浦村の別名は?

  • a  牡蠣の森
  • b  牡蠣の城
  • c  牡蠣の国

『日本のフィヨルド』と呼ばれる三重県の有名な牡蠣の産地は?

  • a  伊勢湾
  • b  浦村湾
  • c  的矢湾

中国においてどこの『省』の人が最も牡蠣の消費が多いでしょうか?

  • a  広東省
  • b  福建省
  • c  四川省

北アメリカではマガキの苗を輸入しているがどこから? 

  • a  宮城県
  • b  北海道
  • c  岩手県

まれに牡蠣から白く濁った汁が出る事があります。その成分は?

  • a  カルシウム
  • b  アミノ酸
  • c  グリコーゲン

岩手県や宮城県にある牡蠣の養殖に適した海岸の形状を何という?

  • a  フィヨルド
  • b  リアス式海岸
  • c  リエス式海岸

オイスターバー発祥地は?

  • a  フランス
  • b  アメリカ
  • c  ドイツ

牡蠣が『海のミルク』と呼ばれる 理由は?

  • a  栄養成分が似てるから
  • b  味が似ているから
  • c  乳製品との料理の相性がいいから

牡蠣の効用として考えられるのは?

  • a  疲労回復
  • b  体臭防止
  • c  虫歯予防

牡蠣が除去できる有害毒素は?

  • a  大腸菌
  • b  ビフィズス菌
  • c  ピロリ菌

牡蠣を食べる事で効果的なのはどれ?

  • a  妊娠しやすくなる
  • b  筋肉の発達
  • c  残尿感がなくなる

現在世界中の牡蠣の種類は何種類?

  • a  約50種
  • b  約200種
  • c  約300種

牡蠣の鮮度を見分けるのにはどこを見る?

  • a  殻の表面
  • b  重さ
  • c  貝柱の色

牡蠣はたくさんの水を吸い込んでは吐くということを繰り返して生息しています。では一日にどれくらいの水が必要でしょうか?

  • a  約5ℓ
  • b  約20ℓ
  • c  約200ℓ

牡蠣の世界最大の消費国は?

  • a  日本
  • b  アメリカ
  • c  フランス

フランスでは牡蠣を剥く職人を何と呼ぶでしょう?

  • a  エカリエ
  • b  エケリエ
  • c  エカイエ

日本で牡蠣が食されていた時代はいつから?

  • a  縄文時代
  • b  奈良時代
  • c  室町時代

オーストラリアで干潮時などに地上に露出した大きいサイズの牡蠣を取る水鳥のことを何と呼ぶ?

  • a  オイスターボーイ
  • b  オイスタージャック
  • c  オイスターキャッチャー

牡蠣は岩場などに付着して生息しますが幼生のうちは海中でどのようにして生息するでしょう?

  • a  海藻などに付着して身を守る
  • b  泳ぎ回る
  • c  海底の砂の中に隠れる

牡蠣に煮汁から抽出された成分を利用して作られた日本で有名なお菓子といえば?

  • a  南天のど飴
  • b  グリコキャラメル
  • c  かりんとう

牡蠣にはまれに小さなカニが入っています。このカニの種類は何でしょう?

  • a  コソコソカニ
  • b  ヒナガニ
  • c  カクレガニ

リサイクルされる牡蠣の殻、貝灰などがありますがある食品を作るのに使われることがあります。 さて何でしょう?

  • a  こんにゃく
  • b  パスタ
  • c  片栗粉
正解と解説は 下面をご覧下さい。

A.正解 いくつわかりましたか?

正解: c

成人が1日に必要なタウリンを必要量満たす。

正解: b

栄養素を濃縮して溜め込む性質があり肌荒れなどの美容にも効果がある。

正解: b

カキに含まれるタウリンは肝機能の強化作用をもっている。有害物の増加を抑える働きもある。

正解: c

牡蠣殻カルシウムは健康食品などによく用いられる。

正解: b

体の成分のほとんどが水分で育つ海域の水の水質と栄養分・水温で味が決まる。

正解: c

生食用は定める指定海域で沖合いのプランクトンが少なく菌も少ない所で加熱用は指定外で河口や川などでプランクトンも豊富だが菌も多い。

正解: a

生産量の多さはa。
出荷量の多さは宮城・広島・三重。

正解: b

アイヌ語で『アッケケシ』=牡蠣がいる所。

正解: c

浦村は三重県随一の減菌養殖の地であり70年の歴史を誇っている。

正解: c

味が日本一と呼ばれるほどの有名な産地。

正解: a

干し牡蠣と牡蠣油で煮込んで作る春節料理には欠かせない。

正解: a

北アメリカでマガキの養殖をしているが水温が低く採苗出来ない為輸入している。

正解: c

スポーツ等の活動の際のエネルギー源として使用される。

正解: b

リアス式海岸では、カキ以外でも真珠の養殖も盛んである。

正解: b

1826年のボストンが初。
UNION HOUSE OYSTER BAR

正解: a

食品成分表で比較しても牡蠣と牛乳は非常に似ているから

正解: a

牡蠣に含まれているグリコーゲンの効用

正解: c

牡蠣に含まれているタウリンは胃がんの原因になる
ピロリ菌が出す有害毒素を除去する働きがある

正解: a

亜鉛が排卵を助けるための効果

正解: c

多数存在していますが300種のうち『食用』
は100種ほどといわれています
ちなみに日本近海では50~70種あります

正解: c

新鮮なものは貝柱が乳白色で黄色ががっているものは
鮮度が落ちている証拠

正解: c

良質な牡蠣ともなれば1時間に12ℓ
1日で300ℓの水を吸い出しながら
成長している

正解: b

食べ方は焼いたり茹でたりするものがメインで生食は多い
とはいえない、しかもサイズが日本のものに比べ小さいサイズ
が主なのでこれも消費量に影響しているといえる。

正解: c

食の都リヨンで開催される『世界エカイエコンクール』の
チャンピョンは3分間で100個の牡蠣を剥くそうです。

正解: a

広島市周辺ではマガキなどの貝殻が大量に出土しています。

正解: c

和名はミヤコドリ、ヨーロッパやオーストラリアに多く二枚貝をこじ開けるのが上手でカニをくわえて地面に叩きつけてから口ばしを刺すこともある。

正解: b

卵から出た幼生はおよそ2週間の浮遊生活を送り、アンボ期に達すると足を出して付着生活に入る。

正解: b

創業者の江崎利一氏が牡蠣の煮汁から
グリコーゲンを採取してキャラメルにいれた

正解: c

カクレガニは牡蠣の他にアサリやハマグリなどの貝類の中に入り込んで一緒に生活します。このカクレガニは食べても人体にがいは無いです。

正解: a

一部の製造者では製造過程でこんにゃくの固まりをよくする為に牡蠣殻を入れています

もっと牡蠣を身近に|TYU